ブログ | サトムラ薬局

ブログ

ジェネリック医薬品 つくば工場見学 

20151115_110357

11/15(日) 足立区ジェネリックワーキンググループ委員会で、日本ジェネリック株式会社様 つくば工場を見学させて頂きました。

まず、ジェネリック医薬品とは従来から販売されている医薬品(先発医薬品)の特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造する医薬品の事で、後発医薬品とも呼ばれています。

当然、従来できている医薬品と同じ成分のものですので製造・開発コストを大幅に減少させることができ、日本との保険制度の違いはありますが、海外ではずいぶんと普及しています。 ジェネリック医薬品を使用すれば国の医療費の削減に大きく寄与することができるのです。  (詳細は8月のブログをご覧ください。)

そこで、足立区ジェネリックワーキンググループ委員会では、ジェネリック医薬品の普及活動の一環といたしまして、足立区区民部保険事業推進と共に、実際の製造している工場を視察してみようというわけで 日本ジェネリック株式会社 つくば工場に行ったのです。

 

TX(つくばエクスプレス)に北千住駅より乗ってつくば駅に。 つくばに来るのは、つくば科学万博に行った以来実に30年ぶりです!(コスモ星丸、懐かしい)

つくばエクスプレス、かっこいいですね。

つくばエクスプレス、かっこいいですね。

 

つくば駅から社員様用のバスをお借りして約20分。 工場に到着です

バスでの移動車内で今日1日の説明をうけています。

バスでの移動車内で今日1日の説明をうけています。

 

つくば駅から工場までの専用バスに乗って到着!

つくば駅から工場までの専用バスに乗って到着!

 

最初に、工場長様より工場の概略説明をしていただきました。  敷地面積7万k㎡の広大な面積。 2010、2015年より日本ジェネリックとして稼働している2つの大きく、きれいな棟。

 

工場の正面玄関です。

工場の正面玄関です。

 

まず、工場内の見学にクリーンエリア更衣(全身を無塵服、マスク、帽子、靴)に着替え、十分に殺菌・消毒してから製造エリアに入ります。

 

入室前のクリーンエリア更衣、殺菌・消毒

入室前のクリーンエリア更衣、殺菌・消毒

 

製造工程ごとに、造粒、混合、打錠、コーティング、錠剤検査と部屋がそれぞれ分かれており、GMP(医薬品の製造管理及び品質管理の基準)に則って、ソフト・ハードの両面からジェネリック医薬品の需要拡大に対応するための最新の生産ラインが構築され徹底的な効率化・オートメーション化されていました。

 

製造工程を順に説明を受けていってます。

製造工程を順に説明を受けていってます。

 

エチゾラム錠の湿式造粒室の工程を聞いています。

エチゾラム錠の湿式造粒室の工程を聞いています。

 

お昼ごはん、かなりのボリュームでした!

お昼ごはん、かなりのボリュームでした!

 

お昼休憩をはさみ、午後からはジェネリック医薬品の承認申請から販売までの流れの講義を受けました。優れた医薬品をもっと広く、もっと身近に。少子高齢化問題、医療の財政負担に関心が高まるなか、有効性、安全性が確保されているのはもちろん、経済性に優れたジェネリック医薬品の普及が多くの患者様の安心につながることを痛感しました。

 

錠剤がPTPシートに詰められ100錠にまとめられてきました。

錠剤がPTPシートに詰められ100錠にまとめられてきました。

 

この薬局業界にいて、今回はじめて製薬会社の工場を拝見させて頂きましたが、最後に工場長がポリシ-として、品質、安定供給、そして先発医薬品と同じ剤型に、とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

足立区 総合防災訓練医療救護 活動訓練

20151108_095009

小雨の降る日曜の朝8時30分。

足立区一ツ家にある社会医療法人社団慈生会 等潤病院にて、平成27年度 足立区総合防災訓練医療救護活動訓練に参加してきました。この訓練の趣旨は、大きな災害、震災などの非常時に医療機関として対応ができるかの訓練を医師、看護師、柔道整復師、薬剤師、医療事務、患者さん役が年一回、病院に集まり行います。今回は、トータル200名くらいの方々が参加しました。  私はこの訓練は初参加でいったいどの様に行うのかよく分からないままの参加でした。

医療対策本部

医療対策本部

 

災害時の救護活動の大きな流れは、まずトリアージを行います。トリアージとは災害時に病院に搬送された負傷者を状態別に4つ(黒、赤、黄、緑)に分類します。黒色が一番の重傷で、重症者エリア(赤色)、中等症者エリア(黄色)、軽症者エリア(緑色)で分けて、今回足立区薬剤師会では軽症者の患者さんを対象にして医師が診察をし、処方された薬を調剤する訓練でした。

軽症者(緑)本番さながら訓練中です

軽症者(緑)本番さながら訓練中です

 

参加した薬剤師は15名で、二つのグループに分かれて交代で訓練をしました。 怪我の特殊メークをされた患者さん役のが、本番さながらにどんどん搬送されてきます。  医師が4名いらしたので、次々に診察をされていきコメディカルがサポートをしていきます。

ドクターを中心として、もっとこうした方がいいのでは、とミーティング中

ドクターを中心として、もっとこうした方がいいのでは、とミーティング中

 

怪我の方はもちろん、高血圧・糖尿・高脂血症の様に慢性疾患を持って毎日お薬を服用されている方、風邪やインフルエンザにかかっている方、透析をされている方、ドラッグストアーなどでお薬を飲んでる方など、様々なケースが想定されます。また、今服用しているお薬のわかる「お薬手帳」を持っている方や、妊婦さん高齢者、乳幼児など実際の災害時は何が起こるのかわかりません。

担架で運ばれてきた患者さんも

担架で運ばれてきた患者さんも

通常の薬局業務とは全然違う活動ですし、大きな災害が本当にない事を心底祈るばかりではありますが、一医療人、薬剤師として微力ながら出来ることは準備・訓練はしていきたいものですね。

 

TVカメラも撮影に入っていました

TVカメラも撮影に入っていました

 

 

 

訓練後、日比谷公会堂に行って研修会を受けてきました。

日比谷公会堂 入口

日比谷公会堂 入口

 

帰りに、近くの日比谷公園で戦隊物のヒーローショーがやっていました。

 

ヒーローショー 災害時にも活躍してもらいたいものです。

ヒーローショー 災害時にも活躍してもらいたいものです。

ノルディック・ウォーク体験講座 

皆さん、ノルディック・ウォークご存知ですか?

最近、街中でも時々見かける、両手にスティック(ポール)を持って歩行運動を補助し、運動効果を高めるエクササイズの一種のことです。今回、足立区薬剤師会では11/7(土) 足立区立千寿本町小学校さんの体育館をお借りして、区民ための健康講座「ノルディック・ウォーク体験講座  ~歩幅を広げて楽しく健康ウォーキング~」  と題して、足立区民の方約20名と足立区薬剤師会の先生10名弱で行いました。私自身も、街中でやっている人を時々見かけたことはありますが、初めての体験で楽しみにしていました。

まず、全日本ノルディック・ウォーク連盟東日本ブロック技術委員の田村先生より、お話し頂きました。ノルディック・ウォークは、北欧フィンランドが発祥の地。もとは、クロスカントリー競技選手が、夏季の体力強化として陸上トレーニングに導入したのが始まりです。フィンランド、ドイツ、オーストリアなどヨーロッパを中心に普及している人気のスポーツ。専用のポールを使うことで、一般の歩行運動とは異なり上半身の筋肉がより活動的に歩け、エネルギー消費量が上がり、足首・膝・腰への負担が軽減されます。

「皆さん、健康っなんですか?」 この問いかけ、深いですね。 

「皆さん、健康っなんですか?」 この問いかけ、深いですね。

そして、最大の利点は年齢性別を問わず気軽に楽しめること!  元気な方はもちろん、足腰に故障を抱えてる方、循環器系の疾病のリハビリにも適しています。

お話が終わったら早速実践です。 ポールの長さを身長から合わせて準備完了!列を作って直線をウォーキングします。 目線、背筋、腕の振り、歩幅、足の下ろし方などなどいろいろと注意点はあり意識しながら何回か往復しました。特別な技術がいるわけではないのでとっつきやすいですが、頭で考えながらではなく体で覚えて歩き続けるのはやはり練習しないと思いました。そして、毎日少しでもやり続けることが大切なんですよね・・・。ウォーキングの後には、ポールを使ったゲームを全員でやりました。 これもとても楽しかったですよ!  実際にやっていたのであまり写真は撮れませんでしたが・・・。

体験講座が終わったら、先生お二人をお招きして懇親会に。  開始時刻はかなり早めの16時半スタート。北千住のお魚のおいしいお店に行って楽しいひと時を過ごしました。

小学校の体育館を借りて行いました。これから開始です。

小学校の体育館を借りて行いました。これから開始です。

先生のお話に熱心に耳を傾ける皆さん。

先生のお話に熱心に耳を傾ける皆さん。

みんなで大きな輪をつくって準備体操。

みんなで大きな輪をつくって準備体操。

弟44回 タートルマラソン国際大会IN足立 初参加!

10/18(日) 晴れ

足立区薬剤師会の先生方と、マラソン大会に参加してきました。

場所は、都内荒川の河川敷で距離は10kmです。

当初、この話が出てきたときはマラソンは自分はぜんぜん経験がなく(高校時代のマラソン大会以来) しかもいきなり10kmはとても走れるどころか、歩くことも不可能ではないかと思い辞退しようかと思いましたが、みんなで参加しようという事で参加エントリー!

本番が、10月で参加申し込みしたのは7月。

北千住駅 商店街

北千住駅 商店街

 

マラソン大会 スタート地点

マラソン大会 スタート地点

 

まだまだ、余裕あるし、練習をしようしよと思っていました。  が、あっというまに、10月。 怪我だけは避けたいので、一応ランニングシューズは購入していましたが箱に眠ったままで、さすがにヤバいと思い仕事あと、夜な夜な荒川土手を走りました。最初はまったく走れずほとんどウォーキング状態。走っても5分ともちません・・・。とてもじゃないけど10kmなんて不可能な距離。5kmにしとけばよかったと後悔し始めました。

本番まで日も全然ないし、練習も平日夜しかできない。初参加だし、とにかく歩かずに完走を目標に練習をやりました。 数回。

走っていくうちに、だんだんと走れる距離は長くなってきましたが、最終的に10kmは走ることはできないまま大会本番に。

当日は、天候にも恵まれ、本当に多くの方が参加されていてビックリ。遠方からの参加者、若い方から年配の方までマラソンをやってる方がこんなにいるなんて全くおもっていませんでした。

10時20分にスタート!

男子10km は約1600人が参加。  スタート地点は人、人、人。全然走れません。 最初はペース配分もわからないのでどんどん走りましたが、後半5km折り返し地点以降は、息切れであっと言う間に多くのランナーに抜かれていきました。

途中、もう歩こうかなとも思いましたが、そこはこらえて何とか完走することが出来ました!

 

タイムは、たぶん平均的で、順位は300番台でした。なにより、無事走れてよかったです。

10月なのに日焼けしましたが、走りきると気持ちがいいですね。

来年はやるかどうかわかりませんが、出るならもう少し練習して参加できたらと思いました。

開会式 が終ってしまいました・・・。

開会式 が終ってしまいました・・・。

 

たくさんの方が参加!

たくさんの方が参加!

薬物乱用防止街頭啓発キャンペーン 北千住

10/17(土) に足立区、千住警察、薬防協、そして足立区薬剤師会の共催で北千住駅のターミナル薬物乱用防止街頭啓発キャンペーンを行いました。

この活動は、毎年10月に北千住駅の西口・東口に集まり、危険ドラッグの乱用防止活動の一環として、のぼりを30本立て、横断幕を張り、薬剤師は足立区薬剤師会の青ベストを着て、薬学実習生は白衣、タスキを身にまとい、ポケットティシュを配りお声掛けをしていきます。

北千住駅はターミナル駅なので非常に多くの方が利用される駅で、配布するポケットティシュも7000個準備してみんなで配ります。

活動時間は、夕方の4時から5時までと短い時間ですが、総勢50名以上の人数で配ったので全て配り終えました!

例年、マスコットキャラクターとして、警察からは 「ぴーぽーくん」が出動!

足立区からは足立区ゆるキャラの、「ビュー坊」2体が参加です!

薬剤師会からは例年都庁から借りている着ぐるみ「ダメ!ゼッタイ君」は借りれませんでした・・・。スイマセン。

着ぐるみはとてもかわいいのでいつも人気者です。道行く人たちも写真を撮っていかれます。子供たちにもとても反応がいいです。

そして、最後は全員で集合写真を撮っておしまし。

短い時間でしたが、お疲れ様でした!

北千住駅 2F西口広場 準備中です。

北千住駅 2F西口広場 準備中です。

都庁から借りた横断幕

都庁から借りた横断幕

沢山の人で盛り上がっています!

沢山の人で盛り上がっています!

ピーポーくん、出動!

ピーポーくん、出動!

あおビュー坊、子供たちに大人気! かわいいですね。

あおビュー坊、子供たちに大人気! かわいいですね。

麻薬、覚せい剤 標本

麻薬、覚せい剤 標本

A-Festa 2015 参加!


近頃は、秋らしくなり過ごしやすい日々が続いていますね!

そんな中、足立区薬剤師会と足立区との共催で、あだち区民まつり「Aフェスタ」に参加してきました。日程は、10月10、11日の土・日で、我々は11日のみの参加です。

Aフェスタ 2015

場所は荒川河川敷(虹の広場)  しかし、当日朝から雨が降っておりあいにくの天候・・・。なので足元はぬかるみコンディションはいまいちでした。足立区薬剤師会としてブースを出すのは、今年が初めてなので実際にどのくらいの区民の方が来ていただけるのわからず、準備も試行錯誤しながらでした。

入り口

9時から準備を始めて10時から開始。  が、小雨降る中なかなかひとも少なく今日1日で10人ぐらいの方が来てくれればいいかなと思いました。

テーマは、足立区薬剤師会として「ジェネリック医薬品の啓蒙活動」とし、それ以外でもお薬相談、健康相談、お薬手帳、薬物乱用防止、普段飲んでいる薬の事などなど、幅広く対応できる様に7人の薬剤師さんが交代で参加して頂きました。

徐々に雨も止んできて、午後からは足元の悪いにもかかわらず、多くの区民の方が薬剤師会のブースに来てくださいました。小学生から年配の方、外国人の方までバラエティーにとんだ実に様々な相談でした。来ていた方々、ありがとうございます!

足立区薬剤師会のブース いろいろ相談受けています。

足立区薬剤師会のブース いろいろ相談受けています。

Aフェスタも今年で20回以上開催されているということで、悪天候の中でもとても多くの方々がご来場されていました。子供向けのイベントや、バザー、ふるさと物産店、フリーマーケット、出店などなど とても楽しいイベントです!来年も、今年の経験をふまえて参加できたらと思います。ありがとうございました。

 

 

動画もご覧ください。

動画もご覧ください。

 

 

 

 

 

足立区薬剤師会のブース 2

足立区薬剤師会のブース

ジェネリックファイブ

ジェネリックファイブ

きれいなお花でした。

きれいなお花でした。

多職種連携研修会

pic-index-01 yjimage

9月15日(火) 夜7時過ぎより、第2回足立区医師会館で在宅医療推進のための足立区多職種連携研修会が行われ初参加してきました。

この会は、地域の包括的かつ継続的な在宅医療・介護の一体的な提供に向けて医療関係者(医師、歯科医師、看護師、薬剤師、ケアマネ-ジャーなど)が集まり、8人のグループを12個つくってスモールグループディスカッション形式でどうやっていけば医療人の連携、横のつながりができるのかを話し合ってグループごとに考えて発表する研修会でした。

普段の業務だと各々の医療機関であったり、包括支援センター、介護ステーションでそれぞれが働いており一堂に顔を合わせて話し合う機会がなかなか持てず、今後どうやっていけばいいのかを検討しあいました。

日中ですと、通常の勤務が当然あるので時間を合わせ全員参加することは現実的に難しいですが、今回のように全体の研修会が夜にあれば参加しやすく(今回は120名も参加されています!)、 その後の懇親会で名刺交換からはじまり飲み会なんか気軽に顔を合わせていくことや、有志で勉強会を行ったりやり方の一つなのかもしれません。

今、薬局では「かかりつけ薬局」 がキーワードとなっています。 今後、地域での薬局の存在がますます注目されてくることになるでしょう。

しっかりと対応していかないといけませんね!

 

足立区民 健康祭り@足立区役所

 9/12(土) 午後から第42回 足立区民健康祭りが開催されました。

このイベントは、例年9月中旬に足立区医師会、歯科医師会、柔道整体師会、薬剤師会、足立区の共催で行われており区民の方を対象とした健康祭りです。

私たち薬剤師会でも、例年委員会で今年はどういったことをやるかを準備し区民の方へ役立ち、喜んでいただけるかを考えて臨みます。

薬剤師会では、薬物(麻薬・覚せい剤)の乱用防止の啓蒙活動の一環として、足立区内の公立中学校の生徒さんにポスターを描いてもらい1階展示コーナーを設けています。本当に皆さん上手にかけています!

2階では、ブースを設けて

お薬相談コーナとして区民の方々に、かかりつけ薬局のこと、ジェネリック医薬品のこと、お薬手帳のことなど薬剤師が1対1で相談に応じるコーナー。

血糖値を測定するコーナー。足立区は糖尿病・糖尿病予備軍の方が多い地域なのか、毎年多くの方が測定にいらっしゃいます。

そして、小学生を対象とした薬剤師体験コーナ。  このコーナは今年は約40人位のちっびこたちが参加してくれて、普段薬局でもらっているお薬(塗り薬、シロップ剤、粉薬、1回1回に飲みやすく袋詰めされた錠剤)を、薬学5年生のもとで、体験してらもいます。

ネームプレートをつけ、白衣を着てもらい、内容が記載されている用紙(処方箋)をもとに、頑張ってお薬を準備していく姿にお父さん、お母さん方に思わず写真を撮らずにはいられません(笑)

最後に出来上がったお薬を患者さん役の薬剤師にお渡し出来たら、無事終了。  ご苦労様でした!

最後に、参加賞の救急箱セットをゲットしていくのでした。

地域の方々とふれあい、薬剤師の事をもっと身近に感じてもらえる非常にいい機会であり、また、薬学生に薬局薬剤師としての活動を知ってもらういい経験ができたと思います。

この健康祭りも今年で42回目。 長い歴史があるのですね。今後とも末永くやっていきたいです。

 

第42回 足立区民 健康祭り エントランス

第42回 足立区民 健康祭り エントランス

 

健康祭りの総合受付 足立区役所の2階です。

健康祭りの総合受付 足立区役所の2階です。

足立区歯科医師会さんのコーナー

足立区歯科医師会さんのコーナー

こども薬剤師さん、がんばってね!

こども薬剤師さん、がんばってね!

お薬相談コーナーです。混み合ってますね。

お薬相談コーナーです。混み合ってますね。

足立区医師会さんのコーナーです。科ごとに分かれて健康相談。

足立区医師会さんのコーナーです。科ごとに分かれて健康相談。

血糖値自己測定コーナー。例年、多くの方がいらっしゃいます!

血糖値自己測定コーナー。例年、多くの方がいらっしゃいます!

 

 

 

北海道旅行

今月頭に、遅めのお盆休み連休を頂き、北海道に行ってきました!

観光というより色々と遊び盛り込んで計画し結構ハードスケジュールでした。

ただ貴重な連休なので、アグレッシブに過ごそうと事前にプランニングしました。

順調に行けばいいのですが、旅は予想外のコトもありですよね。それを含めて

とにかく、楽しめて、無事に帰ってこれれば良しです。

 

まず、新千歳空港に着いてからレンタカーで車を借り、早速パラグライダーに初挑戦!

と、いきたかったのですが山の天気は変わりやすく、雨と強風のため残念ながら中止に。

パラグライダーは今回の旅行でもかなり楽しみにしていたのでが、プロ方の万全を期す判断。今回は低空飛行のみに。  ただこれでも宙に浮く瞬間はとても気持ち良くて、パラグライダーはまた来年やりに来たいです。

 

そして、車で移動して 北海道といえば…、乗馬体験。

最初はゆっくりと。少し慣れてきたら少し走って。走ると全身が上下に揺れますが楽しものですね。  乗馬が上手だとカッコいいですよね!

翌日6時起きで、9時からニセコでラフティングをやりました。天候は雨が降ったり、止んだりと肌寒い条件でしたがウエットスーツを着れば寒さもなんのその。たくさん漕いで、川に落っこちて、全身びしょ濡れになりましたが満足の3時間。

最後に皆さんと記念写真を撮りました。

午後からは、 ミルク工房 に移動してしっかりとアイスクリームを頂きました。

晩には、洞爺湖(トウヤコ)に向かい遊覧船に乗って、夏と言えばコレ、花火を見てきました。

翌日は、登別に行き、オフロードバギーをして、地獄谷に行き温泉につかり、登別クマ牧場に行きしっかり餌付けやりました。

すっかり、人間慣れして餌をねだるクマたち・・・。エサくれアピールもバッチリできていますね、流石(笑)

そして、車で2時間移動をしてトマムに向かって、星野リゾートにチェックイン!

翌日早朝は4時起きで名物雲海テラスを見に行きました。こんなに早起きする人は少ないと思っていましたが、人、人、人・・・。

景色は天候のせいかあまり雲がかかっておらずちょっと残念でした。

その後、ファームトミタでラベンダー畑をみて、旭山動物園にも行きシロクマ君を見て、

ごはんも旭川ラーメン、ジンギスカンも食べログでチェックして堪能してきましたよ。

3泊4日の北海道旅行でしたが、全体的に天候にも恵まれボリューム満点の旅となりました。

国内も楽しいところ沢山ありますね。特に北海道は1度では回りきれないのでまた遊びに行きたいです。

星野リゾート トマム 雲海テラス

星野リゾート   雲海テラス

星野リゾート・トマム ザ・タワー

星野リゾート・トマム ザ・タワー

富良野のファームトミタ、ラベンンダー畑

富良野のファームトミタ ラベンンダー畑

 

旭山動物園、シロクマ

旭山動物園 シロクマ

ジェネリック医薬品、ご存じですか?

20150828_153116.jpg

ジェネリック医薬品、ご存じですか?
多分、各自治体やメディア等で云われているので多くのか方がご存じかと思います。また、既にジェネリック医薬品を服用されている方もいらっしゃると思います。
そこで、皆様により安心してジェネリック医薬品を使っていただくために、そしてどうして国がジェネリック医薬品を推進しているかについてお話ししますね。
まず、ジェネリック医薬品とは、元となる医薬品(先発医薬品)と同じ有効成分で作られたもので、厚生労働省の品質基準をクリアしたものだけが製品化の許可を得れる、「効果」、「安全性」が保証されている医薬品です。
価格の面でも、ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許が切れた後に、他社が同じ有効成分を使って製造、販売しているので研究費や開発費が少なく済むので低価格で提供することが出来ます。

そして、なぜジェネリック医薬品を普及させていきたいかといいますと、

現在、国の医療費は、高齢化と医療の高度化に伴って年々増加の一途(毎年約1兆円のペースです!)をたどっています。

その中で、医療費の一部である薬剤費を、国は何とか抑えようという事で低価格であるジェネリック医薬品の普及を促進しているわけです。

ジェネリック医薬品という言葉が出てきて10数年。 年々、信頼されてきており、中には従来の先発医薬品より飲みやすいジェネリック医薬品もあります。

是非、病院のお薬をもらう際には薬剤師にジェネリック医薬品の事をご相談下さい。