ブログ

カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

弟43回 足立区民健康まつり 参加♪

先日の9月10日㈯ 午後2時から、第43回 足立区民健康まつりが足立区役所で

今年も開催されました。

 

第43回 足立区民 健康まつり  足立区役所

第43回 足立区民 健康まつり  足立区役所

 

このイベントは、毎年9月に足立区と医療団体(足立区医師会、歯科医師会、薬剤師会、柔道整復師会)が区役所で共催しており、今年で43回目をむかえる健康まつりです。

 

 

足立区役所 エントランス

足立区役所 エントランス

 

 

開始10分の前全体のあいさつ。これから健康まつり、開始です!

開始10分の前全体のあいさつ。これから健康まつり、開始です!

 

足立区薬剤師会として、今年も様々なかたちで参加させて頂きました。

 

 

薬剤師会のブース入口

薬剤師会のブース入口

 

1階の区民ロビーには、足立区内の中学生が描いてくれた危険ドラッグや薬物乱用防止  のたくさんのポスターが展示されました。

 

区内中学生が描いてくれたポスター。みんな上手!

区内中学生が描いてくれたポスター。みんな上手!

 

また、東京都福祉保健局から薬物乱用防止啓発用資材としてケシ、大麻などの薬物標本、アタッシュケース入ったに危険ドラッグ標本などをお借りして展示しました。

IMGP6341

 

薬物の標本です

薬物の標本です

 

2階の庁舎ホールには、各会のブースが設けられて薬剤師会は、

・お薬相談コーナー (かかりつけ薬剤師、薬局を持とう)

・血糖自己測定体験コーナー

・小学生対象の薬剤師お仕事体験コーナー      の3か所に分かれて行いました。

 

 

お薬相談コーナーは、例年区民の方の、薬はもちろん健康相談や人生相談?まで1対1で薬剤師が幅広く相談にのる形式で、特に今回はこれから増えていくであろうかかりつけ薬局、薬剤師についても理解を深めて頂くいい機会だったと思います。

 

 

お薬相談コーナーです 満員御礼?

お薬相談コーナーです 満員御礼?

血糖自己測定体験コーナーでは、みな様血糖値はやはり気になる様で毎年100名以上の方が測定にこられ行列ができます。測定する薬剤師3人体制で、順番待ちの方の整理係りを常につけて対応しています。

 

血糖測定コーナー 何人もお待ちいただき整列係りも大変なんです

血糖測定コーナー 何人もお待ちいただき整列係りも大変なんです

小学生対象の、薬剤師のお仕事体験コーナーは3年前からスタートして年々人気が上昇しているコーナーです。 事前に40名の小学生を募集して、当日に薬剤師の仕事である散剤の分包、水剤、錠剤一包化、軟膏混合の4つのパートに分かれて、今薬学部5年生が各薬局に実務実習にきているので、Ⅱ期の薬学実習生にも協力してもらい子供たちに教えていきます。小学生低学年はかんたんな処方で、高学年には少しむずかしめの内容の処方を選び

薬学生が中心となって子供たちに教えるので学生も楽しんでもらっているので一挙両得です。

 

軟膏板、軟膏ヘラを使って軟膏を混ぜています

軟膏板、軟膏ヘラを使って軟膏を混ぜています

 

お子様を中心に薬学生たちもがんばっています

お子様を中心に薬学生たちもがんばっています

 

 

 

分包機の使い方薬学生が子供に丁寧に教えてます

分包機の使い方薬学生が子供に丁寧に教えてます

 

散剤(粉薬)を乳棒、乳鉢を使って混ぜています

散剤(粉薬)を乳棒、乳鉢を使って混ぜています

 

 

 

水剤(シロップ)をつくってます。うまく目盛にあわせてね

水剤(シロップ)をつくってます。うまく目盛にあわせてね

無事に投薬まで終わった子にはシールやお菓子のプレゼント!白衣姿のわが子の写真を撮る

 

 

最後に出来上がったお薬を患者さん薬の薬剤師にお渡ししておしまい よくできました~

最後に出来上がったお薬を患者さん薬の薬剤師にお渡ししておしまい
よくできました~

お母さんもちらほらと。

 

薬局薬剤師の業務を体験することで、関心をもってもらい将来薬剤師になりたいと思ってもらえるとうれしいです。

 

 

来年は、区役所のホールを工事するので、場所が北千住の学びピアとなります。ただし、健康まつり薬剤師会が主体となって行うのでしっかり準備をしていかないといけません。

是非、区民の皆様いらっしゃって下さい!

 

ツムラ茨城工場見学ツアー

20160724_120415

7/24(日) 東京はまだ梅雨明け宣言はだされていませんが快晴のもと、
足立区民の方と足立区薬剤師会で茨城県牛久市のツムラ漢方記念館に行ってきました!

 

朝、7時半に 北千住駅前に集合して大型バスを1台貸し切って区民の方34名、
引率の薬剤師14名 合計48名が集まり一行は常磐高速道をつかい牛久へと向かいました。

北千住駅前 大型バスに乗って出発です。

北千住駅前 大型バスに乗って出発です。

 

バス内では、日本漢方協会の常務理事の緒方先生をお招きして、代表的な漢方薬である葛根湯、
小柴胡湯の生薬成分の効果などを実物も見せて頂きながら分かりやすく教えて頂きました。

道の駅で休憩

道の駅で休憩

 

高速は日曜にもかかわらず、空いていて非常にスムーズに進み途中で、
牛久の大仏様を横目にツムラ茨城工場に到着。

20160724_113937

まず、最初に漢方記念館長さんよりご挨拶、そして概要説明、DVDを見せて頂き、
入口で集合写真を撮影しました。

ツムラ館長様よりお話し

ツムラ館長様よりお話し

 

それから、今回参加人数が多いため3つの班に分かれて施設内を見学させて頂きました。
敷地内は広大でバスでの移動です。

我々の班は、生薬倉庫内を見学しました。倉庫内は温度15度以下、湿度60%以下の状況下で
生薬を保管しており、何トン単位で備蓄されてる芍薬を見せて頂きました。

その後、薬草見本園に場所を移して、様々な生薬を実際に見せて頂きました。
普段、製品として顆粒であったり錠剤では目にしますが実物を見るのは貴重な経験です。

20160724_113444

20160724_113331

生薬をレクチャー頂いております。

生薬をレクチャー頂いております。

20160724_112154

 

最後に、漢方記念館を案内して頂き、漢方の歴史、中国から80%を日本は輸入していること、
古書、文献、会社の製品紹介などを分かりやすく解説していただきました。

見学は、医療人や医・薬学生、一般の方も行っているようです。

20160724_122608

漢方薬は奥が深く覚えることが多いですが、
実際に生薬を観て、触れることが出来ると一層知りたくなりますね。

20160724_122249

 

西洋薬とは違った考え方で、長い歴史の中で生き抜いてきた漢方薬。
これからも生活の中で上手に漢方を取り入れていけたら、医療費など多くの問題にも
解決の糸口になるのかもしれません。

20160724_121124

漢方記念館をあとにした一行は、バスで30分くらい移動してシャトーカミヤ旧酒造施設に行きました。

エントランスより

エントランスより

 

正面にはお洒落なレンガ調のエントランスから入り、ここで、区民の方とバーベキュウをして
たくさんお肉を食べ、施設内の記念館・旧洗浄場・レンガ積み窯跡、ブドウ畑を見学、お土産を買いました。

こちらでBBQ

こちらでBBQ

一面のブドウ畑が広がっていました

一面のブドウ畑が広がっていました

 

帰りのバスの中では、緒方先生のお話を聞き、区民の方にじゃんけんゲームをして勝った方に
生薬をプレゼントさせて頂きました!

渋滞も一切なく楽しい時を過ごすことが出来ました。

 

介護保険について学びましょう!

7/2(土)午後2時よりサトムラ薬局にて、地域の皆様にお集まりただき
サロン形式で介護保険についてのオープンセミナーを開催いたしました!

20160704_152012

今回、初の試みでしたのでどのように行っていくのか試行錯誤でしたが
気軽なかたちで実施しました。

講師として足立区福祉介護の方をお招きして、一つのテーブルを囲み、
介護保険入門と題しましてお話し頂きました。

まだ、介護保険を使われてない方に対して、介護保険とはどの様なもので、
利用するには何処でどうやって申請・申し込みをしていくのか、
保険のサービス内容などなど初心者でも非常に分かりやすい形でお話しいただきました。

20160702_144037

介護保険のしくみを知っておくと、自分自身が必要になるより
自分の両親が必要になる可能性のほうが高いので、早い段階から知っておくといいです。

また、介護保険と一口に言っても、介護や支援が必要な度合(要介護度)によって
うけるサービス内容が違ってきます。

その方に一番適したサービスを受けるための審査が医師をはじめ保険、医療、
福祉の専門家の話し合いで決定します。

介護サービスは、ご家族をはじめとし様々な医療従事者の協力の上で成り立っているもので、
今後高齢社会がますます進んでいく中で地域として、国全体としても
非常に大切な課題の一つであると改めて感じました。

詳しくは、各自治体の役所やお近くの地域包括支援センターに確認していただくといいです。
そして、いざ自分が必要になった際の準備を早期にしておくことが重要で、
正しい知識を持っておく機会・場として地域の方々に貢献していければと思います。

20160702_143358

舎人公園 千本桜まつり 初参加!

4月2日(土)、3日(日)に緑と水に囲まれた舎人公園で千本桜まつりに、足立区薬剤師会として、3日 日曜日参加してきました。

足立区 ゆるキャラ ビュー坊です!

足立区 ゆるキャラ ビュー坊です!

 

舎人公園は、東京都足立区舎人にある都立の総合公園で広さが、63ヘクタール(東京ドーム13個分!)の敷地は幹線道路(尾久橋通り)にて東西に分断されており、西側敷地に陸上競技場、テニスコート、野球場などのスポーツ施設、東側には水鳥が見られる大池や親水広場などの自然と親しむスペースやキャンプ場が設けられているます。

 

正面 入り口

正面 入り口

足立区薬剤師会として、足立区衛生部との協力のもと今回が初参加です。朝から雨模様でこの季節はまだ肌寒いです。10時から開始なので、9時半に集合して、準備は前日からテントは既に出来上がっていたので必要な
相談者さん用の椅子、机、資材、景品、備品などをセッティングして準備は完了。全員で事前ミーティングをして役割分担をしました。
今回、我々薬剤師は10名出動したので、5人の2班に分かれて1時間おきに訪れてきてくださった方々のお薬相談をしていきます。
昨年の 10月にも、荒川の河川敷で行われた、Aフェスタ(よろしければ過去のブログをご覧下さい。)に参加し、足立区民向けにお薬相談会を行ったので、同じ要領で薬剤師が1対1で区民の方にお薬相談、健康相談などなどざっくばらんにお話しさせて頂き区民の方への健康増進に少しでも寄与していきます。

相談内容は、実に様々で10代の方から年配の方まで多くの方が訪れてくださいました。

1日で総勢、100名以上の方が足を運んでいただきました。

 

足立区薬剤師会のブースです。

足立区薬剤師会のブースです。

イベント会場内は、テーマごとに大きく分かれいて、地元物産展、PR展、北足立市場の直売コーナーがあったり、 こころとからだの健康広場(足立区医師会さん、薬剤師会はここ) 生物園出張動物コーナー、消防、警察広報コーナー、コンサートステージ、こどもテニス教室、運動会必勝塾・・・などなどボリューム満点で魅了的なイベントが盛りだくさんでした。

 

お花見の時期としても、桜ほぼ満開で、朝は小雨が降っていましたが、午後になればスッカリ晴れて絶好のお花見日和となりました。

20160403_131140

  たくさんの方、いらしていました。

たくさんの方、いらしていました。 

 

公園内の池での一コマ

公園内の池での一コマ

 

 

花を愛でる気持ち、大切ですね。

花を愛でる気持ち、大切ですね。

 

春の花火大会は平成20年より会場周辺の環境変化によって中止となりましたが、とても楽しいイベントに参加させて頂きました。

また来年もよろしくお願い致します!!

2016年 ご挨拶

2016年、明けましておめでとうございます。
昨年はご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

20160105_084035
本年もサトムラ薬局、薬局ファーマシーサトムラ、わかば薬局を宜しくお願い致します。

新春セールとしまして、サトムラ薬局では、皆様の日頃のご利用に感謝の意を込めまして、大感謝祭を開催しております!

20160105_084109

冬本番。
サトムラ薬局では、寒くなるこの季節に特に栄養剤、若甦のお湯割がイチオシですよ。
若甦とは、朝鮮人参(6年根)を主成分とし、ビタミンB群 、生薬が含まれており、飲み口も 甘めで美味しい栄養ドリンクです。

当店でも一番人気の商品で、疲れ、冷えはもちろん風邪、インフルエンザ対策としてもオススメです。
冷えは体の抵抗力・血液の流れの低下を引き起こします。
是非この季節に毎日1本、お湯割しませんか?

20160105_084127

只今、店内にて無料試飲を行っています。サトムラ薬局ご来店の際は、是非お試しください。

~自宅で簡単・遺伝子検査マイコード講習会のご案内~

~自宅で簡単・遺伝子検査マイコード講習会のご案内~

遺伝子検査サービスごぞんじですか?

遺伝子検査サービスとは個人の唾液を採取して調べることにより遺伝子レベルで血圧、コレステロール、糖尿などの生活習慣病や主要な癌の疾病リスクや個々の遺伝的体質を簡単に調べることができる検査キットです。
この遺伝子検査サービスは株式会社DeNAライフサイエンスと東京大学医科学研究所
が共同研究して誕生し2014年8月に販売したもので毎日の健康管理や体質改善に役立てられるサービスで病気の発疾を未然に防ぐことを目的とした新しい予防方法として今注目されています。

20151228_122348

◆MYCODEの紹介動画はこちら

▼検査項目例
-がん(38項目)胃がん、肺がん、乳がんなど
-生活習慣病(19項目)脳梗塞、心筋梗塞など
-体質130項目)体脂肪、内臓脂肪、脱毛症など
-その他病気(93項目)認知症、アルツハイマー病、骨粗しょう症など

◆販売価格
・ヘルスケアキット(検査280項目)
29,800円(税抜)
当薬局では期間、数量限定で販売しており今回DeNAの遺伝子検査MYCODEの講習会を開催いたします。
講習会では「処方便システム」を運営している株式会社EPARKヘルスケアによる、遺伝子のお話と遺伝子検査マイコードのご紹介をメインにしております。ご興味のある方は、ぜひ皆様お誘いあわせのうえご参加お待ちしております。

———-記———-

遺伝子検査マイコード講習会のご案内
1.日程 2016年1月9日(土)
2.場所 わかば薬局
3.時間 15時~
説明に約一時間を予定おります。
4.問い合わせ先 03-3889-1701

◆当薬局購入特典(2016年1月末日まで)
商品券2,000円分プレゼント
※検査キット 残り3個
《対象者》
当薬局にて遺伝子検査マイコードをご購入された方。

◆購入にあたっての注意点 :
※遺伝子検査MYCODEを利用するにはインターネットに接続されたパソコンやスマートフォンなどWEB環境とメールアドレスが必要です。
※20歳未満の方はご利用できません。

東京ワンピース・フォーラム  ホテル椿山荘

12月6日午後から、フォーシーズンズホテル椿山荘にて都内の若い薬剤師を対象にした集いが行われ、参加してきました。

 

20151206_120737

20151206_120912

 

題して、東京ワンピース・フォーラム。

20151206_122400

 

毎年、この時期になると開催されているフォーラムで、ここでの開催は今年で5回目です。今回は、出席者という立場ではなく実行委員としての参加でした。

 

時期的にクリスマスの装飾がとてもきれいで早めに来て写真を撮ってきましたよ。

 

テディベア クリスマスバージョン

テディベア クリスマスバージョン

 

 

このフォーラムとは、東京都内の各地区から集まった、20~30歳代の若手薬剤師を中心に参加者、実行委員集めて約80人が椿山荘に集まり、我々の職業のさらなる発展・活躍していくにはどういったことが大切なのか、どんな活動や行動をしていくべきなのかなどなどを基調講演を交えてスモール・グループ・ディスカッションを行い意見交換をしていく催しなのです。

 

20151206_140150

 

参加者の薬剤師さんは病院・薬局ですが、それぞれの立場や環境が違うので普段の業務での疑問や不満?、将来の展望やビジョンなど熱いおもいでいつもディスカッションは盛り上がります。

 

普段なかなか顔を合わせることのない先生方とお話しできるので、いつも勉強になることはありますし、刺激を受けます。

 

椿山荘の美味しい食事を頂きながら、各グループに分かれてディスカッションを。

 

懇親会&SGD

懇親会&SGD

 

今、私たち薬剤師が置かれている状況・立場は、医薬分業・薬科大学6年制など先人が築き上げてきた賜物であって、それを守り、次世代にも引き継いでいく為にも、真の「かかりつけ薬局」として地域医療へ貢献していき、そのことを職業団体としてしっかり声を上げてアピールしていこことがいかに大切であるかと痛感しました!

ご参加して頂いた方々、長丁場でしたがご苦労様でした。

また来年もよろしくお願い致します。

ジェネリック医薬品 つくば工場見学 

20151115_110357

11/15(日) 足立区ジェネリックワーキンググループ委員会で、日本ジェネリック株式会社様 つくば工場を見学させて頂きました。

まず、ジェネリック医薬品とは従来から販売されている医薬品(先発医薬品)の特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造する医薬品の事で、後発医薬品とも呼ばれています。

当然、従来できている医薬品と同じ成分のものですので製造・開発コストを大幅に減少させることができ、日本との保険制度の違いはありますが、海外ではずいぶんと普及しています。 ジェネリック医薬品を使用すれば国の医療費の削減に大きく寄与することができるのです。  (詳細は8月のブログをご覧ください。)

そこで、足立区ジェネリックワーキンググループ委員会では、ジェネリック医薬品の普及活動の一環といたしまして、足立区区民部保険事業推進と共に、実際の製造している工場を視察してみようというわけで 日本ジェネリック株式会社 つくば工場に行ったのです。

 

TX(つくばエクスプレス)に北千住駅より乗ってつくば駅に。 つくばに来るのは、つくば科学万博に行った以来実に30年ぶりです!(コスモ星丸、懐かしい)

つくばエクスプレス、かっこいいですね。

つくばエクスプレス、かっこいいですね。

 

つくば駅から社員様用のバスをお借りして約20分。 工場に到着です

バスでの移動車内で今日1日の説明をうけています。

バスでの移動車内で今日1日の説明をうけています。

 

つくば駅から工場までの専用バスに乗って到着!

つくば駅から工場までの専用バスに乗って到着!

 

最初に、工場長様より工場の概略説明をしていただきました。  敷地面積7万k㎡の広大な面積。 2010、2015年より日本ジェネリックとして稼働している2つの大きく、きれいな棟。

 

工場の正面玄関です。

工場の正面玄関です。

 

まず、工場内の見学にクリーンエリア更衣(全身を無塵服、マスク、帽子、靴)に着替え、十分に殺菌・消毒してから製造エリアに入ります。

 

入室前のクリーンエリア更衣、殺菌・消毒

入室前のクリーンエリア更衣、殺菌・消毒

 

製造工程ごとに、造粒、混合、打錠、コーティング、錠剤検査と部屋がそれぞれ分かれており、GMP(医薬品の製造管理及び品質管理の基準)に則って、ソフト・ハードの両面からジェネリック医薬品の需要拡大に対応するための最新の生産ラインが構築され徹底的な効率化・オートメーション化されていました。

 

製造工程を順に説明を受けていってます。

製造工程を順に説明を受けていってます。

 

エチゾラム錠の湿式造粒室の工程を聞いています。

エチゾラム錠の湿式造粒室の工程を聞いています。

 

お昼ごはん、かなりのボリュームでした!

お昼ごはん、かなりのボリュームでした!

 

お昼休憩をはさみ、午後からはジェネリック医薬品の承認申請から販売までの流れの講義を受けました。優れた医薬品をもっと広く、もっと身近に。少子高齢化問題、医療の財政負担に関心が高まるなか、有効性、安全性が確保されているのはもちろん、経済性に優れたジェネリック医薬品の普及が多くの患者様の安心につながることを痛感しました。

 

錠剤がPTPシートに詰められ100錠にまとめられてきました。

錠剤がPTPシートに詰められ100錠にまとめられてきました。

 

この薬局業界にいて、今回はじめて製薬会社の工場を拝見させて頂きましたが、最後に工場長がポリシ-として、品質、安定供給、そして先発医薬品と同じ剤型に、とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

足立区 総合防災訓練医療救護 活動訓練

20151108_095009

小雨の降る日曜の朝8時30分。

足立区一ツ家にある社会医療法人社団慈生会 等潤病院にて、平成27年度 足立区総合防災訓練医療救護活動訓練に参加してきました。この訓練の趣旨は、大きな災害、震災などの非常時に医療機関として対応ができるかの訓練を医師、看護師、柔道整復師、薬剤師、医療事務、患者さん役が年一回、病院に集まり行います。今回は、トータル200名くらいの方々が参加しました。  私はこの訓練は初参加でいったいどの様に行うのかよく分からないままの参加でした。

医療対策本部

医療対策本部

 

災害時の救護活動の大きな流れは、まずトリアージを行います。トリアージとは災害時に病院に搬送された負傷者を状態別に4つ(黒、赤、黄、緑)に分類します。黒色が一番の重傷で、重症者エリア(赤色)、中等症者エリア(黄色)、軽症者エリア(緑色)で分けて、今回足立区薬剤師会では軽症者の患者さんを対象にして医師が診察をし、処方された薬を調剤する訓練でした。

軽症者(緑)本番さながら訓練中です

軽症者(緑)本番さながら訓練中です

 

参加した薬剤師は15名で、二つのグループに分かれて交代で訓練をしました。 怪我の特殊メークをされた患者さん役のが、本番さながらにどんどん搬送されてきます。  医師が4名いらしたので、次々に診察をされていきコメディカルがサポートをしていきます。

ドクターを中心として、もっとこうした方がいいのでは、とミーティング中

ドクターを中心として、もっとこうした方がいいのでは、とミーティング中

 

怪我の方はもちろん、高血圧・糖尿・高脂血症の様に慢性疾患を持って毎日お薬を服用されている方、風邪やインフルエンザにかかっている方、透析をされている方、ドラッグストアーなどでお薬を飲んでる方など、様々なケースが想定されます。また、今服用しているお薬のわかる「お薬手帳」を持っている方や、妊婦さん高齢者、乳幼児など実際の災害時は何が起こるのかわかりません。

担架で運ばれてきた患者さんも

担架で運ばれてきた患者さんも

通常の薬局業務とは全然違う活動ですし、大きな災害が本当にない事を心底祈るばかりではありますが、一医療人、薬剤師として微力ながら出来ることは準備・訓練はしていきたいものですね。

 

TVカメラも撮影に入っていました

TVカメラも撮影に入っていました

 

 

 

訓練後、日比谷公会堂に行って研修会を受けてきました。

日比谷公会堂 入口

日比谷公会堂 入口

 

帰りに、近くの日比谷公園で戦隊物のヒーローショーがやっていました。

 

ヒーローショー 災害時にも活躍してもらいたいものです。

ヒーローショー 災害時にも活躍してもらいたいものです。

ノルディック・ウォーク体験講座 

皆さん、ノルディック・ウォークご存知ですか?

最近、街中でも時々見かける、両手にスティック(ポール)を持って歩行運動を補助し、運動効果を高めるエクササイズの一種のことです。今回、足立区薬剤師会では11/7(土) 足立区立千寿本町小学校さんの体育館をお借りして、区民ための健康講座「ノルディック・ウォーク体験講座  ~歩幅を広げて楽しく健康ウォーキング~」  と題して、足立区民の方約20名と足立区薬剤師会の先生10名弱で行いました。私自身も、街中でやっている人を時々見かけたことはありますが、初めての体験で楽しみにしていました。

まず、全日本ノルディック・ウォーク連盟東日本ブロック技術委員の田村先生より、お話し頂きました。ノルディック・ウォークは、北欧フィンランドが発祥の地。もとは、クロスカントリー競技選手が、夏季の体力強化として陸上トレーニングに導入したのが始まりです。フィンランド、ドイツ、オーストリアなどヨーロッパを中心に普及している人気のスポーツ。専用のポールを使うことで、一般の歩行運動とは異なり上半身の筋肉がより活動的に歩け、エネルギー消費量が上がり、足首・膝・腰への負担が軽減されます。

「皆さん、健康っなんですか?」 この問いかけ、深いですね。 

「皆さん、健康っなんですか?」 この問いかけ、深いですね。

そして、最大の利点は年齢性別を問わず気軽に楽しめること!  元気な方はもちろん、足腰に故障を抱えてる方、循環器系の疾病のリハビリにも適しています。

お話が終わったら早速実践です。 ポールの長さを身長から合わせて準備完了!列を作って直線をウォーキングします。 目線、背筋、腕の振り、歩幅、足の下ろし方などなどいろいろと注意点はあり意識しながら何回か往復しました。特別な技術がいるわけではないのでとっつきやすいですが、頭で考えながらではなく体で覚えて歩き続けるのはやはり練習しないと思いました。そして、毎日少しでもやり続けることが大切なんですよね・・・。ウォーキングの後には、ポールを使ったゲームを全員でやりました。 これもとても楽しかったですよ!  実際にやっていたのであまり写真は撮れませんでしたが・・・。

体験講座が終わったら、先生お二人をお招きして懇親会に。  開始時刻はかなり早めの16時半スタート。北千住のお魚のおいしいお店に行って楽しいひと時を過ごしました。

小学校の体育館を借りて行いました。これから開始です。

小学校の体育館を借りて行いました。これから開始です。

先生のお話に熱心に耳を傾ける皆さん。

先生のお話に熱心に耳を傾ける皆さん。

みんなで大きな輪をつくって準備体操。

みんなで大きな輪をつくって準備体操。